パソコンが壊れた!こんな時はどうすれば!?

自分で対処することもできる

パソコンが壊れてしまったときに、修理をしてくれる業者を利用することになるのですが、場合によっては自分で直すこともできるのです。自分で直す事ができるトラブルは、ソフトウェアの状態やOSのアップデートなどで起こったトラブルであり、これは比較的簡単に対処することができます。 OSのアップデートの場合は、OSをアップデートしたことで起こってしまったことなので、これはパソコンを元の状態に戻すといいでしょう。これはパソコンを以前の状態に戻すことができるツールがあるので、それを利用してアップデートする前の状態に戻すといいでしょう。 ウイルスソフトなどのソフトウェアが原因で動作が不安定になっているのなら、常駐しているソフト同士の相性などによるものなので、ソフトウェアをアンインストールすれば解決することができます。通常起動することができないのであれば、セーフモードを利用して起動すると正常に起動させることができるので、セーフモードで削除するといいでしょう。


最終手段は業者を利用しよう

パソコンがどうやっても不安定になってしまった時は、OSの再インストールをすれば大丈夫な場合があるのですが、もしそれ以外のことが起こった時は修理業者を利用することになります。これはパソコンの電源が入らなくなった時などに利用するといいです。 パソコンの修理業者は、お金を払うことでパソコンの修理をしてもらうことができ、自分では直すことのできないような機械の損傷部分を修理してもらうことができるのです。この時の金額に関してはパソコンの破損状態で変わってくるので、パソコンの破損状態がひどい場合はその分お金がかかることになります。 また、場合によってはパーツの交換をしなければいけないのでその場合は、修理代金にパーツの交換代金がかかることになるので覚えておきましょう。 また、メーカーに頼んで修理をしてもらうこともできます。この場合は、修理保証期間内であれば、無料で修理してもらうことができるので、保証期間を確認しておきましょう。